エロ川柳をお届けします。「身長の、美少女に小、悪魔的、」

「身長の、美少女に小、悪魔的、」

『ノーブラおっぱいで全力アピールしてくる彼女の妹と、誘惑に負けちゃう最低な僕。 羽咲みはる』

彼女の妹が彼女より可愛くて巨乳で僕のことを大好きで常におっぱいで誘惑してきたら…あなたは我慢できますか?…この作品は我慢できなかった男の物語。寝起きの時、お風呂の時、彼女が仕事で出かけている時…常ににやにやセックスアピールしながら「エッチしよ?」とせがんできます。誘惑に負けて幸せになったかどうかは、その目で確かめてください。※ 配信方法によって収録内容が異なる場合があります。
主観好きの方にはオススメです。
アップで誘惑してくる彼女はすごくかわいいです。
主観作品は特に演技が重要だと思いますが、以前より進歩してるかな。
色気があるわけじゃないけど、可愛らしさを振りまいての誘惑には、そそられます。
主観映像もアングルが絶妙で、いやらしいですね。抜けました。
撮影が丁寧で、みはるちゃんの良さがよく出ていました。良かったです。
可愛い、みはるちゃんが主観で誘惑・迫ってくる、演技のできる娘なのでついつい引き込まれてしまう!
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
みはるんを引き立てるためでしょう…お姉ちゃん役の方が、いろいろチョウドイイ感じなんですよね。男優さんがおどおどしてあまりうるさく喋らないので、男性としては作品に集中できるのではと思います。そしてあらゆる手段で仕掛けてくるみはるんがまぁかわいい!キュンキュンします。しかし残念なことに私はみはるんのアイ●チが気になりました。こういう見つめる系は自然な方がいいなぁ。衣装のデザインや素材感にこだわりを感じました。かわいくもエロくも見えるもので、とても良かったです。
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
本編の絡みは全て着衣SEXでしたね。
けど、それがより胸を強調し、多少ぽっちゃりなみはるちゃんにすごくあってて興奮しました。
役のキャラも妹らしく、甘え上手なソフトSで完全にハマり役でした。
姉を含めたSEXとかはないですが、羽咲みはる自分からどんどん積極的なSEXをしてくれていたので、満足の満点評価です。
凄くかわいいです。仕草もいいですね。
お風呂の場面が特によかったです。
かわいすぎる。
完全にやられました。
他の作品もチェックします。
サイコー!みはるちゃんはここんとこのイチオシ
だから結構甘めになりがちなんだが、
これはほんとよかったです、エロカワ小悪魔感がサイコー
ちんこが小さくなれませんw
羽咲みはる嬢の作品で初めて興奮を抑え切れませんでした。
彼女はこういった「かわいくて・ソフトS」みたいな作品は合っていると思いました。
またおっぱいの生かし方も秀逸です。簡単に脱ぐわけでもなく、だけど脱がせそうで、そそるおっぱいの映しかたです。
B86-W59-H84(Fカップ)で身長151cmの低身長かつ巨乳でむっちりとした肉感のあるお身体と、童顔といって差し支えない愛らしいルックスとを併せもつ、羽咲みはるさんの妹属性の浮気シチュで、かつ着衣セックス特化と中々に欲張りな作品です。

羽咲みはるさんは、元々アイドルグループで活動されていた方ということもあり、演技力のある女優さんです。それでいて、所謂「ロリ系」に必要なものを全て兼ね備えている上に、実際の動画でも、甘めの声と甘え上手な雰囲気とが独特な雰囲気を醸し出しており、その手の嗜好をもつユーザー様には、至高の女優さん足りえる存在と思います(もちろん筆者もその1人です)。

本作の話に戻りますと、DMMさんで検索をかけていただければわかることと思いますが、(少なくとも筆者が本レビューを執筆している段階で)羽咲みはるさんの動画の中ではトップクラスの高評価を得ている動画で、代表作の1つであると思います。内容としては、ほとんどタイトルそのまんまですが、要は「羽咲みはるさんが、所謂童貞を〇す系の服(表現が古いし、誤用だとも思います)を着て、エッチに甘え、迫ってくる」動画となりますが、他のユーザーさんも挙げているように、なにげに着衣セックス特化の作品で、全てのプレイで半脱ぎをキープしています。また、主観視点が多く(家の中でバレない様にセックスをするのがシチュの前提となっているため、プレイの関係上、主観で撮った方がよかったのだと思います)、タイトル以上に欲張りな作品となっています(ちなみに、おっぱいの表現も俊逸です)。一応浮気モノになるのですが、作品全体がコミカルテイストで(エロ漫画によくある「こんなエッチなこともありました」的なダイジェストシーンも入るので、意図的にそういう脚本になっているのだと思います)、オチも「お姉ちゃん二股かけられてたんだよ」→「そ、そんな~」という、うん、こういう昭和テイストなエロ漫画あるわ、という感じで締められているので、後味が悪いというようなこともなく、ある意味、安心して? 観られる作品となっています。

長々と書いてしまいましたが、上記のような内容が、羽咲みはるのタレント性と非常にマッチしていたというのが、本作最大の魅力であると思います。ファンの方はもちろんのこと、童顔低身長巨乳の美少女に小悪魔的に攻められたい方には是非おすすめです。

Filed under: エロ川柳

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website